虫の罠作り4


本日は罠作りのレポート、最終回をお届けします。 参加者のみなさんのお写真です。 たくさんのご参加、ありがとうございました。 現在いこいの森では、8月に親子きずなキャンプを計画しています。 詳細はサイトページ「イベント」より、 親子きずなキャンプのブログをご覧ください。 19時からのキャンプファイヤーは申し込みがなくても、 飛び入りで無料参加が可能です。 こちらもぜひお越しください。


ノムラホイホイを仕掛けるために森へ行くまでの様子です。

ダンプカーなど大型車の走行も多い林道がありますので、

お越しの際は十分にご注意ください。




途中でニッキの木を発見。

懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか。

葉からもニッキの香りがします。

今回は特別に、数枚葉を頂戴しました。

本来であれば、この森の所有者に許可を得なければならないため、

一般の方は採取が禁止されています。

植物をはじめとし、クワガタやカブトムシなどの生物も同様です。

キャッチアンドリリースでお願い致します。





仕掛けた後はいこいの森の「森」を散策。 川遊びもしました。


川を渡った先にあるのが、ふれあいの丘です。

緑が多い中で元気に子どもたちが遊びまわりました。

水分補給も忘れずに。



最後は森にいたクワガタをかけてじゃんけん大会第二弾。

皆じゃんけんが強くなかなか勝負がつきません。

何度もやり直し、決戦を制したのは一人の男の子でした。

大事に飼ってあげてくださいね。

今回はイベントを通して、

飼いきれないほどの虫を買ったり、採ったりしないことも学びました。

採ってきたものに関しては元の環境に戻すことも一つの選択ですが、

買ったものはいくら在来種でもはなすことはできません。

外来種は生態系を壊しやすいため、もってのほかです。

いくらお気に入りでも、一つの命として、

一匹一匹ときちんと向き合ってください。




今回で虫罠シリーズの掲載は終了となります。

次回以降の記事もお楽しみに。

イベント期間でなくても、いこいの森は元気に営業しています。

是非一度足をお運びください。










0回の閲覧

小田原市いこいの森

神奈川県小田原市久野4294-1
 

©2020  いこいの森共同事業体